ジェビトラの効果や服用方法、価格、種類などを紹介しています。60mgもあるので是非試してみてください。

サイトマップ
レビトラ総合ランキング

ジェビトラとは

ジェビトラとは ジェビトラはインドの製薬会社が製造しているレビトラのジェネリック医薬品です。ジェビトラを製造している製薬会社はジェビトラの他にもED治療薬や早漏防止薬などを製造しており、男性のデリケートな問題を解決する薬を製造するエキスパートでもあります。

また同企業は薬製造の国際基準にきちんと沿った薬の製造販売を心がけている企業であるためある程度の信頼のおける製薬会社でもあります。主成分はレビトラと同様バルデナフィルです。

ジェビトラには20mg、40mg、60㎎があります。通販サイトで購入する場合、10錠入りと30錠入りを購入することができます。錠剤の形は丸く、色は薄黄色です。バリフなどのように数字やアルファベットの刻印はありません。ジェビトラの効果は抜群です。是非一度試してみる価値ありです。

ジェビトラの効果

ジェビトラの効果 ジェビトラの主成分であるバルデナフィルが、勃起不全の原因となるPDE-5という酵素を阻止し、陰茎の血流量を増加させ勃起しやすい状態を作り出します。また、同成分は水に溶けやすい性質があるため、体内に浸透しやすく、30分程度で勃起力を発揮することができます。

なので、急なセックスを要する事態であっても素早く対応することができます。人によってはものの15分程度で効果が表れるという人もいるくらいです。なのでこのとことから即効性に優れた薬であるということがわかります。

その上、食事の影響を受けないため、服用時薬700kcal~800kcal程度であれば好きなものをたべておなかを満腹にした状態でセックスに挑むことができます。ただ、喫煙や脂質の多い食事はジェビトラの効果を様妨げてしまう恐れがあるので控えるようにしましょう。

また、ゼリータイプのほうは錠剤よりもより体内に早く成分が吸収され効果を発揮しやすいので、より早く効果を発揮したい人にはゼリータイプがおすすめです。

ジェビトラの効果的な服用方法

ジェビトラの効果的な服用方法 ジェビトラは錠剤の場合、水もしくはぬるま湯で性行為の30分前に服用します。症状によって服用量は異なりますが、基本的に服用は1日1錠となっています。どんなに多く摂取しても1日の摂取量が60mgまでと決まっているので最初の服用から24時間間が開く前の服用は絶対にしないようにしましょう。

きちんと間をあけなければ心不全など重い副作用を招くおそれがあります。また、ジェビトラ自体初めて使用する人は20mgの服用からをおすすめします。同じレビトラであっても成分が一部異なるためもしかしたら自身の体に合わない可能性があります。

その時に成分量の多い物だと当然副作用も重症化してしまいます。なので、成分量のすくないタイプから服用して徐々に体を慣らしていきましょう。ジェビトラを服用してもし効果を感じないようでしたら、成分量の多いタイプを服用してみたり、別のレビトラジェネリックを試してみるのもよいでしょう。

おなじレビトラジェネリックであっても人それぞれにあうあわないがあるので、ジェビトラはあわなくてもシルビトラブリトラなどほかのレビトラジェネリックが自身の体に合うかもしれません。


ジェビトラの効果と副作用の関係

ジェビトラの効果と副作用の関係 効果と副作用はきっても切れない関係です。 ジェビトラの副作用はレビトラと同様、頭痛、ほてり、吐き気、動悸などです。副作用の発症率は市販で販売されている風邪薬と同じぐらいとされているため、とくに神経質に気にする必要はないでしょう。副作用自体はどんな薬にもあるものなので、服用方法や使用方法をきちんとまもって服用すれば特に重大な問題になることはありません。

日常的に持病などの関係で薬を服用している人は担当医の人に相談、もしくは服用を控えるようにしましょう。また、特にいままで体に不調のない健康体の人でジェビトラを服用し、なにか異変を感じた場合はすぐにお近くの医療機関へ行きましょう。

ジェビトラの価格

ジェビトラの価格 ジェビトラは通販からの購入のみとなっています。1錠の価格はジェビトラ主成分バルデナフィルが含まれている量と錠剤の数で変わります。まず一番少ない20mgの場合10錠タイプは234円、30錠タイプは210円になります。

次に成分量が多い40mgの場合、10錠タイプは288円、30錠タイプは259円となります。最後に一番成分量の多い60mgの場合は10錠タイプは360円、30錠のタイプは342円になります。いっけん、20mgが一番おとくにみえますが、ピルカッターなどで半分にして服用すれば、40mgや60mgのほうがお得に使用することができます。

一方、ジェビトラゼリーの場合、20mgのみの取り扱いになっています。包数は7包、21包、35包とあります。7包は2,800円、21包は7,560円、35包は11,200円となり、錠剤タイプよりもやや高めです。ただ、錠剤と比べて水に溶けやすくなっているためその分効果も素早く表れます。その上、水なしでも服用できるため、トイレでささっと服用なんてこともできるためとても使い勝手が良いです。

スーパージェビトラは製造中止

スーパージェビトラは製造中止 早漏防止効果も期待されるスーパージェビトラ。EDも早漏も両方治療できるため、とても便利なED治療薬です。しかし、ジェビトラは製造中止となってしまいほとんどの通販サイトで取り扱っていません。

ジェビトラ自体の成分が体に害をおよぼすから製造中止になったのではなく、主成分であるバルデナフィルの特許の関係で製造できなくなってしまったのです。ジェビトラを入手できないのはとても残念ですが、あきらめるのはまだ早いです。

実はジェビトラと同様、早漏防止効果をもつED治療薬が存在します。それは、シルビトラです。しかも、シルビトラにはバイアグラの成分も入っているため、早漏防止、即効性と共に強い勃起力を手に入れることができます。

しかもシルビトラは一錠の成分量が多いので、1錠を2回分にして使えばかなりの節約になります。たとえ半分であっても日本人の平均的な体系であれば充分効果を発揮するとされています。



ジェビトラゼリーは販売中止

ジェビトラゼリーは販売中止 スーパージェビトラと同様、ジェビトラゼリーもすでに製造中止となっており、入手することができません。しかし、入手できないからといって絶望するのはまだはやいです。ジェビトラゼリーのかわりにバリフゼリーがあります。バリフゼリーはジェビトラゼリーと同様お菓子のゼリーのように甘く服用しやすいです。その上、味の種類も七種類と豊富であり、頻繁に使用する人は味に飽きずに服用することができます。食事の影響も受けにくいので、食後のデザートとしてデートの時に服用するのもいいかもしれませんね。おいしく勃起力を高められるED治療薬です。錠剤が苦手な人はこちらの方が使用しやすいと思います。


ジェビトラと似ているED治療薬

ジェビトラと似ているED治療薬 ジェビトラと似ているED治療薬にバリフがあります。バリフにもゼリータイプがあり、同様に即効性に優れています。バリフのほかにもレビトラのジェネリックとし て、シルビトラブリトラもあります。シルビトラに関してはバイアグラの成分も配合しているため、即効性のほかにも勃起力を求める人にはお勧めです。


いま売れているED治療薬はこれだ!


上へ