ED治療薬のレビトラを通販で購入する方法や、価格、効果、ジェネリック等の情報を徹底調査

サイトマップ
レビトラ総合ランキング

レビトラジェネリックのジェビトラ

まとめ
  • ジェビトラとはED治療薬レビトラのジェネリック医薬品である
  • レビトラは1錠2000円前後、ジェビトラは1錠150円前後である
  • ジェビトラには錠剤以外にもゼリー状のものもある
多くの病気は保険の適応を受ける事でその治療の殆ど保険で賄う事ができ3割の負担で適切な治療を受ける事が出来ます。
その中でも一部は保険を受ける事が出来ない自由診療とされていて残念な事に男性の方に起こるEDは保険の対象疾患とはならないので診療から薬の処方まで全てが自費での負担となってしまいます。
例えば汎用性が高い速効性を特徴としているレビトラは1錠20mgの処方で2000円を前後するとされています。
病院を変えたからといってこの価格が変わる事が無く全国何処でも高額な治療費を負担しなければなりません。

こういった現状を打開する為に、そして治療を諦める前に使用したいのが後発医薬品に当たるレビトラジェネリックのジェビトラと服用になります。
ジェビトラは同じ成分塩酸バルデナフィル水和物を20mgで含有している薬になり、SEXの前に服用する事で同じ血管を拡げる作用し、維持する事が出来る勃起状態サポートしてくれます。
レビトラジェネリックに切り替えるメリットとしては、変わらぬ作用も大切ですが何より薬価をかなり抑える事ができ、1錠を150~300円程度で購入する事が出来ます。
又、上記でも記載しましたが成分が変わらぬ事で同じ様に速効性も期待する事ができ、服用から15分という短い時間で効き始めるので活躍の場面を広げ、個人でも扱い易い薬となっています。
更に特徴として飲み薬以外にもフルーツの味が添加されたゼリーも有るので薬っぽさが無くデザートを食べる感覚で服用する事もできます。
病院処方を受けるメリットは確かに医師が管理したり症状を的確に判断してくれます。
ですが、それは一度受診してしまえば個人でも理解出来る事で、低価格で抑えられ同一の効果を期待出来るジェネリックの方が同じED治療薬でも優れている薬と言えるかも知れません。

いま売れているED治療薬はこれだ!


上へ