レビトラの副作用は主に血管の拡張からくるもので、軽度なものがほとんどです。

サイトマップ
レビトラ総合ランキング

レビトラの副作用

まとめ
  • 主な副作用は顔のほてりや鼻詰まりなど
  • レビトラを服用すると血管が拡張され、それにより副作用が起きる
  • 服用中の狭心症には注意
副作用 レビトラは副作用の少なく即効性の高いED治療薬と言われています。
しかし、使用する人の体調や体質により副作用の症状がみられることがあります。
レビトラ等のED治療薬は、血管を拡張させて血流をよくさせる成分が入っています。その成分の影響で、服用時に顔のほてりという症状が見られます。この副作用が服用時に一番多く、出やすいものと言われています。
次に表れやすい症状としては、鼻詰まりが挙げられています。これも顔のほてりと同様で鼻の中の血管が拡張されることにより起こる症状です。
また頭痛や目の充血等もあります。これらも血管が拡張されることにより起こる副作用です。
これらの副作用の症状が長い期間続く場合には、適切な医療機関で受診をすることが必要になってきます。
また胃痛やめまい、消化不良、嘔吐等の症状もあらわれることがあります。
これらの症状はレビトラに限らず他の医薬品にもあらわれる症状なのでこれといって気にする必要がありません。
以上の軽度な副作用はほとんど薬の作用が切れると同時に症状がみられなくなるのであまり気にしなくていいものです。

6か月以内に狭心症を起こした人はレビトラを服用することができません
しかし時々レビトラを服用中に狭心症を起こしてしまうという場合があります。服用中に、初めて狭心症を起こしてしまった場合は非常に危険です。発症してしまって病院に運ばれると普通の場合硝酸剤を使用されます。
狭心症の人はレビトラとの併用は禁忌薬なので使用できません。しかし急になってしまった場合、ひどい低血圧になってしまって倒れてしまうことがあります。
そういった場合、とても危険な状態になります。医師にはきちんとレビトラを服用していることを言っておかないといけません。

他にも持続勃起症や急激な視力低下という症状がみられることが稀にあります。
服用した後に自分の意思、性的な刺激と関係なく、強い勃起が4時間以上続いてしまう症状を持続勃起症といいます。この症状は白血病や貧血等の血液の病気を持ってる人に起こりやすいものです。
急激な視力の低下に関しては服用後20時間以内によくみられます。もしそういう症状がみられた場合には、早急に眼科に行くようにし、適切な指示を受けることが必要です。

いま売れているED治療薬はこれだ!


上へ